結婚相談所を利用した際の結婚までの期間は?平均在籍期間は1年?

婚活をするために結婚相談所を利用した場合、結婚に到達するまでどのくらいの期間在籍をしているのか気になるともいます。

結婚相談所に入ったのだから、早く結婚したいと思う人も多くいるでしょう。

そこでこの記事では、結婚相談所を利用した際の結婚までの期間について解説していきます。

 

この記事でわかること

  • 婚活を始めてから結婚までの平均期間
  • 結婚相談所を利用した際の結婚までの期間
  • 婚活から結婚までの道のり

 

ぜひ参考にしてください。

 

婚活を始めてから結婚までの平均期間

婚活を始めるには最短で結婚にたどり着きたいと思っている人もいると思います。

気になるのは、婚活を始めてから結婚までの平均期間はどのくらいなのかということでしょう。

婚活を始める年齢は人によって異なります。

婚活を始める年齢によって結婚までの期間も変ってきます。

ここでは、20代、30代、40代の年齢ごとに、婚活から結婚までの期間を紹介します。

 

20代では1〜2年

20代で結婚相談所を利用する人は男女ともにそれほど多くはありません。

20代ではまだ結婚を焦っていない人が多いからです。

ただし、焦りはないが、結婚に対する気持ちは真剣そのもの。

20代であっても結婚に対して真剣に考えているため結婚相談所を利用しているのです。

20代で結婚相談所を利用する人は、理想の結婚相手をじっくり選びたい気持ちが強くあるため、結婚までの道のりが長くなりがち。

平均すると、20代の婚活から結婚までの道のりは1年から2年です。

 

30代では半年〜1年程度

30代というと、男女ともに周囲の友人や知人の多くが結婚し始めている時期です。

今まで結婚はまだ遠い未来かな、と思っていても周囲の仲間たちが結婚し始めたことで、急に結婚が現実味を帯びてきます。

さらに、周囲が結婚し始めることで、結婚したい気持ちが強く表れます。

周囲が結婚をしてきていることに焦って、本気で結婚をしたいと思い結婚相談所を利用する30代は、婚活から結婚までが半年から1年程度と他の年代と比べて短いです。

 

40代では1年程度

30代のころは周囲が結婚を次々としていくことに焦りを覚えて、自分も早くしなくてはという気持ちになります。

しかし、40代になれば結婚ラッシュもなりをひそめ、友人などの多くが結婚をしている状態です。

そろそろ本気で自分も婚活をしようと思い結婚相談所を利用するのが40代です。

絶対失敗したくない、自分に合う最適な相手を探したいと思う人も多いです。

しかし、結婚したい気持ちが強いため真剣に相手を探すので、1年程度で結婚にたどり着く人が多いです。

 

結婚相談所へ入会してから成婚まで流れ

本気で結婚したい人、最短で結婚まで進みたいという人は結婚相談所を利用すると良いでしょう。

結婚相談所を利用したいけど、どのように結婚まで進むのかわからず心配という人もいるでしょう。

そんな人のために、ここでは結婚相談所に入会すると、成婚まではどのような流れになっていくのかを順を追って詳しく説明します。

 

結婚相談所へ入会

まずは結婚相談所を探します。

結婚相談所は全国的に有名なところから小さな規模のところなど、複数あるので、費用、サービスなどを考慮して自分に合っているところを探しましょう。

最適な結婚相談所が見つかれば入会に進みます。

入会時には、結婚相手に対する希望、結婚に対する思いや価値観など、理想とする結婚について自分の考えをカウンセラーに伝えます。

 

相手探し

次に、希望とする相手探しを行います。

入会した結婚相談所には、男女ともに多くの人が入会しています。

その入会者の中から自分にピッタリ合う人を探し出すのです。

自分が決めた年齢や年収などの条件を入れて合う人を探すことができます。

また、結婚に対する考え方など価値観を入れて、価値観が合う人を探すこともできるのです。

 

お見合いを申し込む

条件を入れて気になる相手が見つかれば、お見合いを申し込みます。

お見合いを申し込んだからすぐにお見合いができるわけではありません。

自分の気持ちだけでお見合いは成立しないのです。

お見合いには双方の同意が必要になってくるのです。

お見合いを申し込んだら、相手がお見合いを受け入れるかどうかの返事をしてくるまで待ちます。

 

お見合い成立

お見合いを申し込んで、相手の承諾が出たらお見合い成立です。

お見合いが成立をしたら勝手に日時や場所を決めるのではありません。

日時や場所をセッティングしてくれるのは結婚相談所のカウンセラーです。

カウンセラーはお見合いに向けてのアドバイスもくれます。

また、お見合いが上手くいかなかったときなど、次に向けてのアドバイスもくれるでしょう。

 

仮交際

お見合いをして印象が良くしてのことを気に入ったら、仮交際となります。

1回お見合いをして話をしただけでは、相手のことが分からないため、次にデートの約束をします。

デートを数回行い、相手と真剣に付き合っていきたいか、結婚を視野に入れていけるかを考えるのです。

つまり、仮交際期間中に「本当にこの人と付き合っていけるのか」「結婚をしたいのか」を考える時期と言えます。

 

真剣交際

この人と交際をしていきたいと思えば、真剣交際を申し込みます。

真剣交際はその名の通り真剣な交際なので、その先には結婚が待っています。

結婚を目指して交際をすすめていくことになるのです。

交際をしていくうちに悩み事や困ったことが出てくれば、いつでも結婚相談所のカウンセラーに話しをすれば相談に乗ってくれます。

 

プロポーズ

真剣交際を通じてお互いの結婚への気持ちが決まったら、いよいよプロポーズです。

結婚前提の真剣交際なので、プロポーズまで長々と時間がかかることはありません。

プロポーズは最初にデートをしてから3か月程度でする人が多いようです。

印象に残るプロポーズがしたいという場合にも、カウンセラーに相談をすれば、一緒にプランを考えてくれます。

 

成婚

プロポーズは二人の意思がより強く結婚に傾いた時になりでしょう。

プロポーズをして相手の承諾をもらえば、成婚となります。

成婚したら結婚相談所は退会することになりますが、成婚とは結婚のことではありません。

結婚相談所の成婚とは「婚約」のことです。

つまり、婚約をすると二人は結婚相談所を退会するのです。

婚約をした二人は、結婚へと進んでいくことになります。

 

結婚までの期間を短くするためのポイントは?

結婚紹介所に入会をしたなら、早く結婚したいと思うでしょう。

結婚をするまでの期間をできる限り短くしたいと思う人も多くいると思います。

最短で結婚に結び付けたいなら以下のような2つのポイントがあります。

  • 気になる人にはお見合いを申し込む
  • 条件を厳しくしすぎない

それでは、それぞれのポイントを見ていきましょう。

 

気になる人がいたらお見合を申込む

結婚相談所のマッチングで気になる相手が出てきたら、悩まずにとりあえずお見合いを申し込みましょう。

お見合いを申し込むのに人数制限はありません。

多くの人にお見合いを申し込んだからと言って、おかしな目で見られることもないです。

気になる相手が居ればどんどんお見合いを申し込めばいいのです。

実際に会ってみないとその人となりは分かりません。

条件面だけを見たらよさそうだけど、会ってみるとそれほど魅力的ではなかったという人もいるのです。

この人は自分に合っているのか、本当に自分と同じような価値観を持っている人なのかを見極めるためにもお見合いを申し込むべきです。

 

条件を絞り過ぎない

結婚相手を探す場合、条件を絞って探すことも大切です。

自分と価値観が合う人、条件面が合う人と結婚をしたいと思う人も多いでしょう。

しかし、条件を厳しくしすぎると、その条件に合う人が非常に狭まってしまいます。

この条件をクリアしていないとダメ、この条件は必須などと言っていては、相手のマイナス面しか見えてこないですし、思うように婚活も進まないでしょう。

完璧な人間はいません。

相手に厳しい条件を課すほど自分は優れているのかと考えてみてください。

ある程度の条件は必要ですが、厳しすぎない条件にすれば、マッチする人数も増えます。

実際に会ってみると、素敵な一面を持っている人だったということもあり、婚活もプラスに働くでしょう。

 

まとめ

結婚相談所を利用した場合、年齢によって結婚までの期間は異なります。

焦りのない20代はじっくり相手を探すので1年から2年かかります。

30代は焦りから半年から1年。

40代は失敗したくなくて真剣に行うため1年程度かかります。

結婚相談所に入会すると気になる相手とお見合いをし、デートを重ね、真剣交際後にプロポーズとなります。

その後成婚をしたら結婚相談所を退所する運びとなります。

下記よりパーティーのお申込みが可能です

参加したいパーティーの記事タイトルと開催日をお控えいただき(フォームに記載項目があります)、下記ボタンをクリックしてお申込みフォームにおすすみください。

パーティーのお申込みはこちら