090-8916-8118
受付時間 9:00〜20:00(不定休)
カウンセリング予約
メニュー
CLOSE
無料カウンセリング
限定クーポン配布中
画面トップへ

婚活のプロフィールの書き方は?男性の場合はどう書けばいい?

30代 40代 お知らせ 再婚 男の婚活 結婚相談所
婚活コラム画像

婚活でプロフィールの書き方が気になる男性もいらっしゃるのではないでしょうか。

女性はお見合いやデートを受ける際、男性のプロフィールを吟味しています。

そのため、男性はいかに女性の心に響くプロフィールを書けるかが重要になってくるのです。

そこで本記事では、男性に向けて婚活プロフィールの書き方を具体的に解説していきます。

 

この記事でわかること

  • プロフィールが重要な理由
  • プロフィールの例文
  • プロフィールを書く際のポイント

 

上記について詳しく解説していきます。

イメージしやすいように具体的に書いていくのでぜひ参考にしてください。

 

男性の婚活でプロフィールが重要な理由

男性が婚活を行う上でプロフィールが最も重要な要素と言っても過言ではありません。

一般的に男性は女性を容姿や年齢で判断しますが、女性は年収・誠実さ・価値観などで男性を選別していきます。

そのため、女性は写真以上にプロフィールをよりチェックしている現実を念頭に置いておきましょう。

プロフィール文章量が少なかったり、項目に漏れがあったりする場合は不誠実とみなされる可能性が高いです。

逆に、魅力的なプロフィールに仕上げていけば、容姿や条件に自信が無くても挽回できます。

文面から誠実な人柄を伝えられ、女性に「会ってみたい」と思わせられるのです。

男性の婚活においてプロフィールは非常に重要であり、着目すべき点と言えるでしょう。

 

【項目別】婚活での男性のプロフィールの書き方の例文

魅力的なプロフィールを仕上げていくためには正しい書き方を把握する必要があります。

項目別にシンプルに記入し、自分らしさを伝えていきましょう。

ここからは項目別のポイントを解説していきますので、是非参考にしてもらえれば幸いです。

 

挨拶

見ていて気持ちよいプロフィールは挨拶で始まります。

女性に対して礼儀正しさや誠実な印象を与えるため、プロフィールにおいて挨拶は大切なポイントです。

「プロフィールを見ていただきありがとうございます」「是非読んでもらえると嬉しいです」などの挨拶を組み込んでいきましょう。

一言添えるだけでも好感度が上がり、マッチング率やお見合い成立率アップにつながります。

 

職業

一般的に女性は男性の年収や職業を気にしています。

男性よりも将来を堅実に見据えているため、経済力や安定性を心配する方も多いです。

そのため、プロフィールでは包み隠さず職業をオープンにしていきましょう。

例えば「営業をしています」よりは「仕事は商社営業で、毎日約10社の商談で駆け回っています。そのため、行動力には自信があり周囲から頼られる場面が多いです」が鮮明で長所のアピールにもつながっています。

女性に自分をイメージしてもらうためにも、詳細な記載が大切です。

 

趣味

趣味は会話の大部分を占めるため、職業と同じく細かく書いていきましょう。

とくに女性は「映画」「旅行」「カフェ」などの趣味を持っている方が多く、男性でいずれかの趣味があれば積極的に記載していけば盛り上がりやすいです。

逆に、「ギャンブル」「投資」「車」などの趣味は安定性に欠けるため、女性へのイメージを悪くしてしまうかもしれません。

該当している場合はプロフィールでは記載せず、仲良くなってから打ち明けていきましょう。

 

性格

性格の記載は最も書きにくい部分かもしれませんが、第三者から言われることや今までの役職・仕事内容を用いて書くと良いです。

例えば、「友人からはオープンで前向きな性格と言われます」「仕事では約10名の社員を引っ張っているため、リーダーシップには自信があります」などが説得力も増して伝わります。

性格はあくまで会った際に女性が判断する部分のため、難しく考える必要はありません。

気軽に自然体で書いていきましょう。

 

相手に求める条件

婚活ではお相手に求める条件はいくつかあるかもしれません。

しかし、プロフィール上で正直に条件を並べるのは危険です。

希望条件を羅列すると出会いのチャンスを失い、女性に対して「許容範囲が狭い窮屈な人」と悪印象を与えてしまいます。

結果的に申し込みをもらえる件数も減るため、条件は書かない又空欄にしておくのが良いでしょう。

書くとしても一つくらいが女性への印象が上がります。

 

結婚後のイメージ

結婚後のイメージは真剣に婚活を行うなら書いておきたい重要なポイントです。

「将来は趣味を共有したい」「結婚後は家事を積極的にやりたい」などのビジョンを明確に伝えていくと良いでしょう。

とくに、お見合いやデートで結婚の話はなかなか仲良くなれないと話題に出せません。

常識の範囲内で先にプロフィールで伝えておくと、女性との関係がスムーズにいきます。

 

〆の言葉

必要項目を記入したら最後は〆の言葉です。

女性に爽やかな印象を残すためにも、気持ちよい〆の言葉を記入していきましょう。

「ここまで読んでもらいありがとうございます」「最後までごらんいただき感謝いたします」などのお礼を含めた〆言葉なら尚良いです。

礼儀正しく誠実な男性をアピールしていきましょう。

 

男性の婚活でプロフィールを書く際のポイント

婚活のプロフィールを書く項目を知ったら、次は女性へ正しく自分をアピールするためのポイントを押さえておきましょう。

具体的な要点は次から解説していきます。

 

自分の情報は正確に書く

プロフィールを書く際は自分の情報は正確に記載しましょう。

たとえ結婚相談所でも自由申告制の項目は数多くあります。

「身長」「体重」「勤務先」など。

さらにマッチングアプリなど他のサービスであれば、年収や配偶者の情報も審査が義務ではありません。

しかし、自己申告を良いことに偽りの自分をアピールするのは避けるべきです。

女性が真実を知った場合、信頼を確実に落とします。

破局に繋がる可能性も十分にあるため、情報は正確に記載しましょう。

 

趣味や休日の過ごし方は具体的に書く

プロフィールで趣味や休日の過ごし方はより具体的に書いていきましょう。

例えば、映画鑑賞一つとっても、ジャンルや好きな映画など詳しく記載すると共通点を持った女性は親近感がわきます。

お見合いやデート時も会話が盛り上がりやすいため、詳細な内容を書くと良いです。

女性に興味を持ってもらえる話題をあげていきましょう。

 

自分をアピールできるようポジティブに書く

プロフィールは前向きで読者が明るくなれる内容を書きましょう。

例えば「マイペース」「自己主張が強い」などの欠点をプロフィールに記載する方もいますが、あまりおすすめしません。

正直に書いて誠実な印象を与えたい気持ちはわかりますが、女性に対してマイナスな印象を与えてしまいます。

とくに性格をアピールする際は長所のみアピールし、強みだけを存分に書いていくのがおすすめ。

また、全体的にも「仕事でうまくいってない」「これといった趣味はありません」などのネガティブな表現がないかの確認も必要です。

自分らしさはプラスの表現でアピールしていきましょう。

 

結婚相談所を利用してプロからアドバイスを貰おう

婚活のプロフィールの書き方が分からない男性は多いはずです。

とくに、恋愛経験が少ない男性や婚活を始めて間もない方は悩み事も多いでしょう。

そんなときは結婚相談所の利用がおすすめです。

結婚相談所ではカウンセラーがついてくれ、プロフィールを一から見直してくれます。

「どう書いたら女性の心に刺さるか?」を熟知しているため、魅力あるプロフィールが作成可能。

気になる方は結婚相談所の入会を検討してみましょう。

 

まとめ

婚活においてプロフィールが大きな要素を占めます。

女性は男性の誠実さや価値観と言った中身を重視するため、より書き方が問われるのです。

魅力あるプロフィールに仕上げるには「挨拶」「職業」「趣味」「性格」「求める条件」「結婚後のイメージ」「〆の言葉」を漏れなく記載しましょう。

その上で、具体的かつ正確に書くと自分らしさが伝わります。

まずは本記事をあらためて参考にし、さらに魅力あるプロフィールでアピールするなら結婚相談所の入会がおすすめです。